マン汁まみれのオレの口をペロペロと舐めてお掃除してくれた

スポンサーリンク

かなは、中野に住む22歳の若妻。
高卒でデキ婚。
子供を保育園に預けて、駅前のアパレルショップでバイトしている。

18歳で結婚したというわりに、グレているわけではなくて、素朴で優しい子。
セールスの電話を、延々と聞いてしまったり、押しに弱いところがある。

待ち合わせは駅前の大型スーパーの駐車場。
彼女は自転車でやってきた。
かなの顔はパーツパーツが綺麗で、はじめて見たときは「やりぃ!」と思わずガッツポーズしたくなるほどだった。

子供はいつもと同じように保育園に預けてきたらしい。
午前中の早い時間だったから、近所のファミレスでモーニングを食べた。
かなは、緊張してるのか、飲み物をチビチビ飲むだけだった。

オレには土地勘がなかったから、良さそうなホテルがないか彼女に聞いて教えてもらった。

部屋に入ると彼女は、ものめずらしげに部屋の中をキョロキョロ見回してうろちょろし始めた。
なんと、初ラブホで興奮しているとのこと。

かなはシャワーを浴びてきたらしいので、オレだけささっと体を流した。
ソファでもじもじしてる彼女の隣にすわって、かなの肩を抱き寄せた。
髪の毛から、シャンプーのいいにおいがして股間が急激に熱くなる。

会う前に聞いた話では、かなの経験人数は1人。
ご主人だけ。
話を聞く限り旦那は極度の早漏のようだった。
中に入れてもすぐ終わってしまうというのが彼女の感想で、正直何が楽しいかまだよくわかんないらしい。
まぁ挿入して2分ともたないんじゃ楽しむも何もないよね、なんて話をしてやると、気持ちよいセックスしてみたいなんていうもんだから、ということで会うことになったのだが・・・。
まぁ早漏だけが原因じゃなくって、旦那は自分がしたいときだけ寝てるかなを起こしてささっとやって、終わるとそのまま寝てしまうとか、
かなが甘えようすると「疲れてるからまた今度な」と言ってさっさと自分だけ寝てしまうなんていうこともあるそうだ。

人妻だけど、若くてまだまだ可愛い娘。
セックス好きの女もいいけど、経験の少ない女を開発する征服感ってたまらない。

ソファに座ったまま落ち着かない様子のかなに「立ってそこで脱いで」と指示を出した。
かなは一瞬困ったような表情をしたものの、素直に立ち上がってゆっくりと服を脱ぎはじめた。
「全部脱いで」
「わたしだけじゃ恥ずかしいよぉ」
「いいから全部」
ちょっと泣きそうな表情を浮かべつつ、やっぱり押しに弱い。
手で両胸を隠しながら、体を横向きにして下着を脱いだ。

パンティを奪い取り、股間の部分を見ると、股間の部分が汁で湿っていた。
「もうこんなに濡れてるじゃん」
「いや、、やめてそんなの恥ずかしいから・・・」
オレから下着をとりかえそうとして、おっぱいをさらけ出す。

「あ、おっぱい見えちゃった〜」
からかったように言うと、ちょっと笑顔を見せながらもほほを赤らめる姿は初々しくて新鮮だ。

ちなみにおっぱいは大きめ。
陰毛は黒々と密生していた。

「もうちょいこっちにきて」
オレはかなを抱き寄せ、お尻や太ももを触りながら、お腹にキスするなどして愛撫を始めた。
太ももから股間を往復するようにさすっていると、指先がヌルっとした。
そのヌルヌルに誘われるように股間の周辺をピタピタ指で触っていると、だんだんピチョピチョという音に変わってくる。
音がするほど濡れてることに気づいたのか「いやん恥ずかしい」といってオレの手を止めようとした。
その手を振り払って向こうを向かせて腰から背骨に沿って肩まで舌でネロネロと舐めてやる。
かなの全身に鳥肌がたった。

最初は「んっんっ・・・」と声だけでしか反応してなかったが、腰がクネクネし始めて、明らかに感じている様子だった。
かなをベッドまで連れてゆき、そっと寝かせキスすると積極的に舌を絡めてくる。

オレのチンポは既にギンギンになっていた。
かなの腹に押し付けると、かなの体温が少し上がった。
「おなかに当たってるね」
「うん・・・」
「なにがあたってるの?」
「えっ・・・なんか・・・」
「それはなにかはっきり言って」
「ダメ・・言えない・・・」
「言えないじゃなくって、ちんぽがお腹にあたってるって言えばいいだけだよ」
「いやぁん」
もじもじするかなのマンコからは、どっと淫汁が溢れ出してくる。
体は言葉に反応している様子だ。

「旦那とはえっちな話しないの?」
オレはクリをかすかに触れるか否かの感じで触りながら耳元で囁くように質問すると 「それダメ・・・」と言って、全身をビクつかせた。

かなは、早漏のご主人しか経験がないので、イッタ経験はないらしい。
会う前に聞き出した情報では、ご主人とやるときは愛撫もそこそこにすぐ挿入されてしまうのだそうだ。
それを知っていたから、念入りに前戯してやろうと決めていた。

かなの指に音をたててむしゃぶりつく。
指の根元まで吸い込み、指の股に舌を往復させる。
表情を盗み見ると、明らかに感じている。手は意外に感じる子が多い。
手首から腕にかけて舌を這わせ、ワキの下に到達すると喘ぎ声が興奮気味に大きくなった。

両手をバンザイのような形にさせて、二の腕や脇の下をしつこく舐める。
ときどき体がびくっと反応し、腰はたえずウネウネと動いている。
無防備になった乳首を軽く噛むと「あぁあああーん」と大きな反応があった。

更に強弱をつけて乳首を舌で転がしたり、振動させた舌で愛撫する。
「ああっ!いやん!ああ」
と激しく喘ぎながら、ほんのり汗ばみながら反応する。

十分に愛撫をしたあと、徐々に下半身にずれていった。
陰毛に顔をうずめて匂いを嗅ぐ。
「エロい匂いだなぁ」
「やだっ・・・恥ずかしいから・・」

「旦那さんはオマンコなめてくれるの?」
してくれるわけがないことを知っていてわざと意地の悪い質問をする。
かなは首を左右に降っている。

かなのマンコは口をぱっくり開いて、パクパクと動いている。
「マンコがパクパクしてる。なんかタラタラとよだれも垂れちゃってるよ」
「そんなこと・・・」
「こんなうまそうなマンコ舐めないなんてもったいないね。旦那さん」
時々舌でベロ〜ンとなめあげてやるとかなのお尻に力が入り、腰がが自然と浮きあがる。

しばらくむしゃぶりついたあと、マン汁まみれの口のままキスしてやると、お掃除でもするかのようにペロペロとオレの口の周りを舐め回してくれた。
「こんな姿旦那が見たらぶっ倒れちゃうだろうね」
かながオレの口の中に舌をねじこんできたから、おかえしに舌を吸ってレロレロと絡ませてやる。

かなの手をつかみギンギンのちんぽを握らせる。
目をつぶりながら、オレのチンポをゆっくりとしごき始めた。
かなの人生では、2本目のチンポ。

せっかくだから1度イかせてから挿れるつもりだったので、お得意の連続クリイキ攻撃をしてやった。
ちんぽを上下する動きが激しくなったあと、しばらくしてビクビクっと全身を震わせてかなはイってしまい「はぁはぁ」と呼吸を荒げながらぐったりとなった。

髪の毛を優しく撫でてやると「やさしい・・・」と囁く声が聞こえた。
かなは目をつぶっている。
まだ余韻が残っているうちに、オレはギンギンのチンポの先端をかなのマンコにゆっくりニュルッと挿入した。
「あっ!・・・・ああぁぁ〜ん」
「まだ先っぽしか入ってないけど気持ちいい?」
「うん・・・」
マンコの締め付けがよく、先端だけでもかなり気持ちが良い。

そのまま2~3分先っちょだけをヌルヌル出し入れしていると「ああ・・・・」と喘ぎ声の大きさが変わった。

今度は膣の中を円を描くように刺激して、ボルチオに圧力をかけてやる。
かなに覆いかぶさり、チンポで膣内を蹂躙する。
正常位でかなを押さえつけながら、突くだけじゃない腰つきを堪能させてやった。

そのうちかなは悶えるように感じ出し、反り返るようにして中イキを初体験した。
終始声は大きく、途切れることはなかった。
腰を抱え持ち上げて、更に奥にねじ込むようにしながら、細かく激しく突く。

「ああああああああああ」
今度は腕を引っ張り上げ、騎乗位になる。
かなの動きはぎこちないが、ボルチオに当たるようにサポートしてやった。

下から見上げるかなの顔には、快感で酔ったような淫らな表情が浮かんでいる。
とろんとして焦点の定まらない視線。
半開きにした口。
その瞬間のかなは、マンコの中のペニスをむさぼりつくそうとしているように見えた。
オレのチンポが美しい女を淫らなメスへと狂わせていく。

最後は正常位で奥の奥を小刻みに突きまくってコンドームの中で発射した。
長めのセックスが終わった後しばしの余韻を味わい、かなはもとのかなに戻った。
布団から目だけを出し、さっきまでの自分の反応を恥ずかしがっていた。
目は笑っており、「ウフフッ!」と言いながら、布団にもぐったり向こうを向いてしまったり。
少し前の淫らな顔をした女とは別人のように。

結局2発目は側位でキスをしながらまったりと1時間くらい挿入したままスローセックスちっくにいちゃついた。
終わったあと感想を聞いたら「こんなセックス知っちゃったら旦那とやるのが苦痛になりそう・・・」とのことだった。

子供のお迎えの時間が近づいてきたということでタイムオーバー。
待ち合わせたスーパーまで送ったあとバイバイした。

その後もしばらく「会おう会いたい会えない」といったやりとりしたのだが、「もう1度あったら旦那にばれるまでやめられなくなりそう」ということで、最終的にこれっきりとなった。

記事の評価
[view_ratings]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク