ネットに溢れるわたしを拾って系肉便器女子

スポンサーリンク

フェイスブック・インスタ・ツイッター
どこを見ても自分大好き肉便器女子たちが溢れかえってる。

まるで
「私を拾ってください」
と書かれたダンボールに入れて捨てられた犬猫のように。

おれはいつもグラサンで目だけ隠した上半身裸の写真をつけて
いいね!を送ってやる。

テリトリーは捨て猫だけじゃないから
シックスバックにツルツルの肌くらいの手入れはしてる。

モテる女はそれだけじゃ動じないけど
ネットで必死にアピールしてる系の女は
これはチャンスとばかりに返信してくる。

なるべく爽やかな感じの男を演じながらなんどかやりとりして
「こんど食事でもどう?」と誘うと
大抵あっさりOK。

「グラサン外すとどんな感じなの?」
「年に何度か告白されるような感じかな」
と、ちょっとキザ?目なセリフで返すけど
夢中になりかけてる恋したい女子には
そのくらいの感じがベストらしい。

会って居酒屋へ行き、酒を1杯飲むと
「ドキドキしちゃう。超かっこいい。」
と目をキラキラさせながら
精一杯のメイクに満面の笑みで
全力のカワイイを出してくる。

正直おれには犬が飼い主に拾ってもらおうと尻尾を
振ってるようにしか見えないんだけどね。

「このあとどうする?」
「どうしたい?わたしは●くんに合わせるよ」
「じゃぁ帰ろうか」

そういうと
「えっ、ほんと?」
と、期待を裏切られたという本音が顔に出る。

「うそに決まってるじゃん!●ちゃんと2人っきりになれるとこいきたい」
ちょっと子供っぽく言うと
「も〜びっくりしちゃったぁ」
と、唇をあひる口にして甘えた声を出してくるのもみんな同じ。

「2人きりになりたい」って言っただけなのに
すっかり恋人にでもなった気分なのか
店を出る時には勝手に腕を組んで寄り添ってくる。
もちろんおっぱいを腕に押し当てて
横を向くといつでもキスしていいよって顔。

おれは女のペースにはまるつもりはないから
キスなんてそうそうしない。
むしろ、1度もキスしないでバイバイすることだってある。

そのままホテルへ入り、
「あ、やべぇ昨日友達に飯おごったの忘れてた!」と
空室ボタンを押す寸前で言うと
「え、お金ないの?いいよ私だすよ」
といって出してくれる。
「ごめんね、こんど絶対返すから」と
そんな気ないのに言うおれ。

そして部屋に入る。

すっかり恋人気分の女は
「脱いで」
と低めの声で優しく言うと
「わたしだけ恥ずかしいなぁ」
とかなんとか言いながらも嬉しそうに脱ぎ始める。

両手を広げてちょっと腰を突き出すような感じのサインを送ると
黙ってひざまづいてベルトを外し、
パンツの上からおれのペニスを愛おしそうに愛撫してくる。

上目遣いで恥ずかしそうにする女に
「して」
と言えば、まだ風呂にも入ってない汚れたペニスをそのままペロペロと舐め始める。
フェラがうまい女だったら
そこで一発口内射精。
「のんで」
というと、さすがに困った風にするやつもいるが
ほとんどの女がそのままコクリと飲み干す。

だいたいフェラが下手な女に限ってゴックンに抵抗を見せるけど
上手な女はこっちがいきそうな気配を感じると、
手でこすって口の中にたくさん出せるようにしてくれる。

ごっくんしてくれた女には
さすがにちょっと愛着わくので
風呂場で口をゆすがせたあとキスしてあげる。

そしてベッドイン。
男って体毛そのままにしてるやつが多いから
おれみたいに手入れしていると女がとっても喜ぶ。
正直愛撫なんてしなくてもただ抱き合ってスリスリしてやるだけで
マンコがぐっしょり濡れていつでも挿入できる準備がととのう。

おれはたいてい女に体をペロペロなめさせて
自分は乳首とクリをちょいっと触ってやるだけ。

挿入も騎乗位が基本。
「いれて」
って言うと、ペニスを手で持って、自分のマンコに勝手に入れてくれる。

日本の女ってあんまり騎乗位やらないのか
はじめは動きがぎこちないんだけど
黙ってそのまま動かないでいるとだんたんツボがわかってきて
はぁはぁ息をあらげながらも、ペニスをディルドのようにして
勝手にイってしまう。

1度イった女はマンコの具合がよくなってるから、
今度はおれがイくために正常位で一気にフィニッシュ。
もちろんキスなんて無し。

ゴム付きだと気持ちよくない時は
勝手に外して生でやる。

フィニッシュは休憩するふりをして中出し。
ゴム外したことに気づかれると一瞬むっとされることもあるが
「外れちゃってた!ごめん!」
って謝ると、しぶしぶ許してくれる。
んなことあるわけないのにね。

なんでかわかんないけど
「できたら責任とってね」
なんてことも言われることもない。
そのかわり
「こんどはいつあえる?」
っていうのはよく言われる。

まぁ肉便器女子なんて掃いて捨てるほどいるから
よほどじゃない限り2度会うなんてことはないけど。

記事の評価
[view_ratings]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク