エッチな写真を交換していたメル友が、スーパーで買い物をしている時に突然背後に・・・

スポンサーリンク

某出会い系サイトで24歳の女性とメル友になった。

オレよりも2つ下。

「おはよう」から「おやすみ」まで、日常の他愛もない普通のメールを毎日してた。

その子は、オレと同じ東京在住で名前は「ケイ」。

お互い会社員で、仕事の話や愚痴なんかもメールで話していた。

メールするようになってから2週間ぐらい経ったころ、思いきって「写メを交換しよう」ともちかけ、自分の写メをケイに送った。

しばらくしてから来たケイの返事は、「ありがとう。でもごめんなさい。交換は出来ません」というものだった。

オレは、正直ちょっとがっかりした。

でも、それからも今までと変わらず、普通のやりとりを続けたいた。

ある日、ケイからスマホ変えたらオレの写メが消えてしまったので再送して欲しいとメールがきた。

オレはちょうど風呂上がりで裸だったんだけど、かまわず上半身を撮って送った。

すると、ケイから「お風呂上がりのセクシーな写真ありがと。なんかドキッとしました。」という返事がきた。

変な意味で送ったわけじゃなかったんだけど、ケイはそういう意味に受けとったらしい。

調子にのったオレは、「もっとセクシーなの送ろうか?(笑)」と冗談のつもりで送った。

すると、ケイから写メが来た。

キャミソールを着ているケイのモデルみたいな上半身姿。

それに顔はなかったが、ボリューム感のある胸の谷間がしっかりと写っていた。

オレは勝手にケイが写メを交換できない理由を「太っているからだ」と勝手に想像してたから、ナイスバディだったことに驚いた。

オレは少し勃起した状態でボクサーパンツを履いて、もっこりした下半身を写メで撮った。

その写真を「ケイってすごくスタイルいいね?オレの方がドキッとしたわ!」と書いたメールに、添付して送ってやった。

するとスグにケイから返事の写メがきた。

次はなんとブラ姿になっていた!

ピンクのブラがはちきれそうなおっぱいにオレはかなり興奮した。

こうなったらオレも反撃しなきゃならんと思い、勃起したチンコのアップを添付して「ケイの写メを見たらこんなに大きくなった」と、送ってみた。

今度はなかなか返事が来なかった。

10分後くらい経って、嫌われちゃったかなぁなんて考えていると、スマホが反応した。

「ちんちん大きいですね。顔つきで送ってください…」と書かれたメールで、ブラをずらしたオッパイまる見えのエロ写メが添付されていた。

やっぱり今回もアゴより上は写ってないけど、釣鐘型のキレイなおっぱいに興奮しまくったオレは、ケイのリクエストに応えて、顔つきのモロ出し写メを即座に撮って送った。

その晩、何度かそんなやり取りをするうちに、ケイからもマンコの写メなどが送られてくるようになり、それ以降のオレ達のメールの内容には昼夜問わず下ネタが入るようになった。

それから数日たった仕事の休憩中。

「オレは今から休憩~。ケイは今日何してるの?」

と言うメールを送ると、しばらくして

「前にくれた写メ見て、こんなコトしてます…」

と、マンコに指を入れてる写メが送られてきた!

オレはそれを見て、勃起してしまった。

「そんなん見たら俺もしたくなるよ。」

と返事すると、

「いっちゃったぁ~」

とケイからメールがきた。

オレは会社のトイレに駆け込み、ケイのマンコ写真を見ながらオナって、便器に精子をぶちまけた。

そしてシャッター音を消すアプリで便器に散らばった精子を写メって「オレも今、トイレでしちゃったよ」とケイに送った。

するとすぐにケイから、「会社でエッチなことしちゃダメですよ」とハートマークがたくさん入ったメールが返ってきた。

それからも俺はケイの顔を知らないまま、こんな感じのメールを続けた。

ある日のこと。

「今日はノー残業で帰れるから近所の●●スーパーで弁当でも買って帰る」というメールを送った。

それから30分後、●●スーパーで買い物をしていると「私も今日は残業なかったから早く帰ってきました。ちょっと後ろ見てください」というメールが・・・。

一瞬?マークが頭の中いっぱいに広がり、間違いメールかと思ったが、意味がわかると背筋に寒いものが・・・。

恐る恐る振り返ると、なんと、スラットした美人なOLが立っているではないか。

パッと見ではわからなかったが、よく見ると中学時代の同級生ケイコだ!

「え、もしかして、ケイってケイコなの?」

「ふふふ。うん。そう。わたし。ごめんね、写メ送ってもらってからだいぶたつのにずっと黙ってて・・・」

スーパーで話すにはちょっと長くなりそうだったから、とりあえず場所を変えることに。

ケイコは内田有紀に似てて同級生から人気があった。

中学校の頃から顔が小さく脚が長くスタイルが良いとは思っていたが、大人になったケイコは、化粧もして色っぽくなっていた。

しかも、エロいメールの相手が、今目の前にいるケイコだったなんて・・・信じられないというか、気まずいというか、もしかしたらエッチな展開があるかもといった期待まで入り混じり、わけがわからない。

●●スーパーを出て周囲に人がいなくなると、ケイコが口を開いた。

「ごめんね。ずっと黙ってて。」

「お互い様ではあるけど、かなり際どいメールしてたから、今、頭の整理つかないよ(笑)」

「うん。このまま黙っていようと思ったんだけど、私だけ知ってるっていう罪悪感が重くて・・・」

「こんなことみんなに知れたら大変だよね」

とりあえず落ち着こうということになって公園で話すことにした。

ケイコの話では、最初は似ているな〜って思ってたけど、本当にオレだとは思ってなかったらしい。

1度中学時代の話をした時に、学校の様子などが記憶と同じだったことで、オレだと確信したんだって。

ちなみに、確信した頃には、すでにケイコからもエッチな写メを送ったあとだったから、引くに引けなかったと。

その後レストランで食事して、2人だけの秘密にして、メールのやりとりは続けようと約束してその日は帰った。

家についてケイコに『ただいま』とメールを送るとすぐに「わたしもただいま」という返信がきた。

その日はお互いに興奮して眠れなくて、夜中までメールをした。

対面だと話にくいことも、メールだと今まで通りなんでも話せた。

実は中学の時、ケイコをおかずにしたことなんかも告白し、久々に会えて嬉しかった気持ちを伝えた。

そんな状態が3日ほど続いたある日。

ケイコから飲みに行かないかとのお誘いがきた。

仕事が終わり、待ち合わせ場所へ。

その日のケイコは、体にぴったりとフィットしたニットに、ミニスカート姿だった。

居酒屋で入るや否やハイペースで酒を飲み続け、気がつけば2人とも酔っていて、話はどんどん下ネタへ。

「そういえば、休憩中にトイレでエッチな事してたんだよね!ほんとエロい~」

と言われたので、

「ケイコこそ、オレの写メ見てオナったんだろ?」

と言い返すと、ケイコは顔を赤くさせて、うつむいた。

オレはテーブルの上に出ていたケイコの手を握って、優しく撫でてやった。

ケイコの目がトロンとして、何かを求めるような空気を漂わせていたので、これはいけると確信した。

「店でよっか?」と言うと、ケイコはゆっくりと無言でうなずいた。

会計を済ませエレベーターに乗り1階のボタンを押す。

すぐ次の階でドアが開き、酔った団体客が大勢乗り込んできた。

ケイコの躰を抱き寄せると、躰が密着し、すでに大きくなっていた股間が自然と彼女に押し当てられた。

それに気づいたケイコがオレを見上げ、瞳を怪しく光らせてのぞきこんでくる。

するとオレの股間がモソモソ動いたかと思うと、ペニスをギュッと握られた。

でかい声で騒いでいる団体客に紛れて、ケイコの手がペニスを押しつぶすように動き出すと、下半身に絶妙な快感が走った。

オレもケイコを攻めようと侵入を試みるが、密着した状態で股間には手が伸ばせない。

お尻をムニュ〜と揉むのが限界だった。

エレベータの扉が開くと同時に、オレはケイコの手を引っ張って、すぐ近くのラブホテルへ向かった。

金曜日の夜とあって、空いてる部屋は1つ。

迷わずキーを受け取り、エレベータで乗り込むと、襲いかかるように唇を奪った。

さっきと同じようにおっきくなったオレのペニスをさすってくるケイコ。

「おっきくなってる」

そう言って、チャックを開けて触ってきた。

開けたチャックの中に手を忍ばせて、パンツの上からスリスリされる。

もうチンコはビンビン…

オレもケイコの胸を揉んでみた。

かなり柔らかくて、もみがいがある。

部屋に入るなりケイコのシャツを脱がせると、写メで見たことのあるブラ。

胸も当然、写メで見たオッパイだった。

ブラを外すと、写メで見るより肌のキメが細かくて美しい巨乳。

カタチも整っていて、しかも柔らかい。

オレもいつの間にか上を脱ぎ、ズボンも脱がされていた。

ケイコの巨乳にむしゃぶりつくと、

「あっん…まだダメだってばぁ。シャワー一緒に浴びよ・・・」

鼻にかかる甘い声に誘われるまま、2人でそのままお風呂へ・・・

両手にボディーソープをつけ、ネチョネチョエッチな音を立てながら2人で洗いっこ。

円を描くようにケイコの胸を優しく触ると、ビクッと躰が震える。

さらに続けて乳首をつまんだり、指の腹でこねくりまわしたりすると「はぁはぁ…」と吐息を漏らした、

全身をゆっくりと撫でまわすように洗ってあげてから、最後にマンコへ手をのばす。

すでにそこはトロトロで、ひときわ熱を帯びていた。

オレの指がクリトリスに触れるたび「はぁんはぁん…あ~ん」といやらしい声を出して感じていた。

オレも泡まみれの手でペニスをしごかれる。

抱き合いながらディープキスをすると、おかずにしていた妄想のケイコより何倍もエロい女が目の前にいた。

泡を洗い流すと、ケイコはそのまましゃがみ込んでフェラチオをしてくれた。

ねっとりと吸いつくようなフェラチオ。

美味しそうにほおばる顔にめちゃくちゃ興奮した。

あまりの気持ち良さにフェラチオを中断させ、バスタブにケイコを座らせ脚を大きく開き、トロトロのマンコをベロベロ舐めてやった。

オレは耳元で「欲しいんでしょ」と囁くと「うん。欲しい。そのオチンチンちょうだい。」とケイコが言う。

そのままろくに体を拭かずに倒れこむようにベッドイン。

ベッドに横たわるケイコに覆い被さり「舌出して」と言うと、小さくてかわいい舌がぺろっと出てくる。

カチンコチンのペニスをマンコに擦りつけながら、ぺろっと出ている舌をペロペロと舐めてやる。

亀頭の先にケイコのヌルヌルした愛液がどんどん溢れてくるのを感じた。

舌をペロペロされることに痺れたのか、ケイコがオレの舌を吸ってくる。

べちょべちょといやらしい音をさせながらディープキス。

ケイコがキスに集中しているところで、ペニスの先端を5センチくらいズブっと挿入してやる。

オレの舌を吸っていたケイコの動きが止まり「あぁぁっ」と思わず声を漏らした。

ケイコの首筋に舌を這わせつつ、Fカップぐらいありそうな胸を揉みながら、指先で乳首を転がしてやった。

ケイコのマンコがどんどん柔らかくなっていき、ペニスの先端があたたかくなってくる。

オレは左手で胸を揉みながら右手でクリトリスを探した。

マンコに触れると、そこはトロトロに濡れている。

クリトリスをヌルヌルと刺激するとあっという間にぷっくりと膨らんで、ケイコが大きな声でヨガリ始めた。

「いいっ!めっちゃくちゃ気持ちいい…」

クチュクチュ・・・ぐちゅぐちゅ…といやらしい音が出る。

オレはペニスを深く差し込んで奥の方をグリグリと刺激してやると、ペニスの根元に快感が広がる。

「いや~っ、だめ~っ」

とケイコが大きな声で喘いでいるが、そんなことおかまいなしに奥を突き続けて密着した股間の気持ち良さを味わう。

「んっあっ、んっあっ」

ケイコの躰に汗が吹き出し、腰がガクガクと震えだす。

「んん〜〜っ・・・・っああああっ・・・」

大きな声をあげた瞬間、ケイコの腰が激しく上下し、腰を動かさなくてもペニスがネチョネチョと出たり入ったりする。

「あっ・・・ぅうう〜ん・・・はずかしぃ」

呆然としたケイコのスキだらけの表情がなんともいやらしい。

オレは奥を突くのをやめて、ズブズブと大きなストロークで出し入れを始めた。

「ケイコのマンコめちゃくちゃ気持ちいい。ほんとやばい。イキそう…」

「いやっ、ダメ、しゃべっちゃだめ・・・」

どうやら言葉に弱いらしい。

おれはさらに耳元で「ケイコのマンコがエロすぎてペニスをネチョネチョ気持ちよくしてくるんだからたまんないよ」と囁くと、「ネチョネチョ」という言葉を発した直後にピクピクと躰が反応したことを見逃さなかった。

「ねぇケイコ、あそこがすごいネチョネチョしてるでしょ。ほら、よく聞いてみて。ネチョネチョ音もするでしょ。ほら、ネチョネチョって。」

「あ〜ほんなこと言われたらあたしイっちゃう・・・・」

ケイコのマンコがますますフワフワと柔らかさを増し、愛液も溢れ出る勢いなのに、しっかりと絡みついてくる。

「ケイコのマンコの中、フワフワ柔らかいのにネチョネチョ絡みついてくるんだよ」

「あんあん、オチンチン気持ちいいのぉ」

ケイコはオレにしっかりとしがみつき、汗ばみながら可愛いよがり声をあげる。

もうこれ以上興奮するとオレもイってしまいそうだった。

「まじでやばい・・・そんなに気持ち良くされたらオレ、このまま中でイっちゃうよ」

「あっ、はぁはぁ、中・・・中・・・」

「ねぇ、ケイコ、中には出さないけど、中で出してって言ってみて」

「ダメダメ・・・あ、、、イくっ」

オレが囁くやいなや、ケイコが躰をガチガチに硬直させ、そのままイってしまった。

なおもオレはフワフワのマンコの感触を楽しみながら腰を動かし続けた。

「あっ、あっ、あっ、あっ」

ケイコの声が少しずつ大きくなる。

1度イって快感が遠ざかったはずなのに、すぐに戻ってくるようだった。

「ねぇケイコ、中で出してって言ってごらんって」

オレは再度ケイコの脳ミソを刺激するように耳元で囁いてやった。

「あっ、あっ、、、中だイっていいよ・・・中でたくさんイっていいよ・・・中にちょうだい・・・」

それはできないとわかっていながらも、ケイコは本気でそう言っているようだった。

そしてその言葉ど同時に、フワフワのマンコがペニスを締め付けてくる。

中でイって欲しいと懇願するケイコの表情があまりにもエロすぎて、オレにも射精感が込み上げてくる。

「あ、ダメだ・・・もうケイコの中でイっちゃいそう・・・うぅっ」

オレは慌ててペニスを抜き、恥骨の上に精子をぶちまけた。

ペニスの根っこからドロっとした快感が全部放出されるまで、何度も何度も脈動が続いた。

するとケイコは力を振り絞って起き上がり、イったばかりのペニスを咥え、お掃除フェラ。

気持ちいいというより、くすぐったかった。

いつもならここで賢者タイムに入るハズのオレだが、この日は違った。

テイッシュでケイコの恥骨に散らばった精子をふき取ると、フェラチオされながらもケイコの股に手を伸ばし、クリトリスに触れた。

ぷっくりと膨らんだクリトリスをいじりながら体勢を変え、69の形でクンニを始めた。

ケイコは脚を曲げたり伸ばしたりしながら、オレの舌の刺激に耐えているようだった。

しばらくすると、ペニスがまた硬さを取り戻してくる。

仰向けに寝て、ケイコに騎乗位をうながすと、素直にペニスを握り、オレの上にしゃがむようにして結合した。

ケイコはオレのペニスを自分のマンコに抜き差しするのを楽しむように、ゆっくり動き始めると、徐々に激しさを増していった。

下から見上げながらケイコのおっぱいを揉みながら「オレのちんちんをマンコに入れてる感触はどうなの?」って聞くと

「こんなにエッチで感じるの初めて…」というケイコ。

焦点の定まらない目を俺に向けながら、完全に快感にやられているだらしない表情をしていた。

「正直ヤリたくてたまらなかったかった」

と言うと、

「こんな事してるのうちらだけの秘密だからね・・・誰にも言わないでね・・・ぁっ・・・もうイっちゃいそう!」

騎乗位で話してる途中で、腰をつきあげて奥にぶつかるようにしてやると、ケイコの喘ぎ声が一段と大きくなった。

オレは1度イってるからまだ余裕があった。

「クリを触りながら動いてみなよ」

とリクエストすると、ケイコは即座に自分でクリトリスを擦り始めた。

きゅっと目を閉じ、快感に溺れたエロい顔をして、時折ビクビクしている。

自分のチンポをズボズボしながら自らクリトリスで絶頂へ向かおうとする女なんて初めてみたもんだから、やばいくらい興奮した。

ケイコもオナニーしながら腰を振るという状況に興奮しまくっているのか、マンコの締めつけ具合がどんどん激しくなる。

余裕をかましていたのもつかの間、あっという間に射精したい衝動にかられてしまった。

ケイコの躰が何度か硬直したのを確認して、オレもこのままイってしまおうと思い、下からガンガン腰を突き上げる。

両手でケイコの細い腰をつかみ、これでもかと言うぐらい小刻みにピストン…

「あ、、、あぁぁ、な…なんか…あぁぁぁぁぁ~」

ビクビクビクっという振動と共に、オレに倒れかかってきた。

それギュッと抱きしめてやると、ピクピクと体が動いている。

「エッチウマすぎる…。初めて中でイっちゃった…はぁはぁ」

おかずにしていた女が自分の上でこんなにも乱れたことに満足感を感じながら、しばらくそのまま抱きあっていた。

お互いの息が整うと、今度は体位を正常位に変えて突きまくった。

「中に出して」と言わせると、またもやマンコの締まりがエロエロになっていく。

感じまくるケイコの姿と、演技でないことがわかるマンコのうねり具合に、今度はオレの方が先に絶頂に達し、我慢できず射精してしまった。

中には出さないと言って置きながら、ちょっと中に出てしまったが、スグに抜いてお腹の上にドクドクと放出。

しばらくして、出した精液をティッシュで拭きとると、そのまま2人とも裸で眠りについた。

…その後も、オレとケイコの関係は続いている。

お互いメル友なんて必要なくなった。

今は結婚に向けて同棲中。

ピルを飲み始めたので、毎回中出しで、ほとんど毎日のようにやりまくっている。

記事の評価
[view_ratings]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク